読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the garden of entropy

芸術カルチャーらへんが好きなKO学生が書く粗雑な感想たち。基本思いつきなので途中で投げ出したりするけど許してネ。

競売ナンバー49の叫び

ピンチョンついに読んでます。スローラーナーと競売ナンバー。あとインヒアレント・ヴァイス、そしてこれから重力の虹~

前々から気になっていたけど、前評判のせいでどこか触れられずにいたピンチョン。

意を決して読んでみたら、私この人好きだ!と思える作家さんだと気が付いた。

 

意味深なのか意味不明なのか

全ての言葉は強迫観念として私達へと迫る

パラノイアで分裂しまいと苦しむのか?はたまたハナから分裂して「匿名」へと還元、消滅するのか?

全てのカオスと妄想が混ざり合った瞬間にエントロピーは最大値になる。

圧し掛かる遠い歴史、悲しみ、アメリカ。

 

分裂したのは私なのか、世界なのか、それともあなた、?

真実は、いつだって息が詰まるほどに空っぽだ。

 

 

ピンチョンの優しさ、が垣間見えるといったらおかしいのかしら。

彼の作品には人間への失望と、愛情が入り混じっている気がします。

それも、偽物なのかもしれないけれど。

是非に読んでほしいっす。

けどできることなら原文がよいのかもしれない。