読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the garden of entropy

芸術カルチャーらへんが好きなKO学生が書く粗雑な感想たち。基本思いつきなので途中で投げ出したりするけど許してネ。

エルグレコ展

実は1日にエルグレコ展行ってきました~

先輩の無料招待券により無料で入場できたという所謂棚ぼたです笑

前から文芸サークルのOくんに借りている(もはや借りパクの域・・・会わないもんで)キリスト教美術事典を読み込んでいたので、絵画の所々にモチーフを見つけることができて感動しました笑 

基礎知識って大事なんだなーと。

とりあえずエルグレコは色彩が独特で美しい?といいますか、惹きつけられました。

美しいにクエスチョンマークをつけた所以は、エルグレコの色彩は鮮やかなものではなくどちらかというと全体的に灰色がかった感じだからです。あと独特な赤色を全体的に良く使っている。もはやエルグレコレッドと呼んで良いんじゃないだろうか笑 白とその色のグラデーションでよく服とかを塗ってるなあと思いました。すごく綺麗で、筆の流れの躍動感がすごい!粗いんだけど緻密みたいな・・・ 油絵綺麗だなあああうおおおお神秘的ぃいいいみたいなアホ丸出しで楽しんでました。乙。 

個人的には悔悛するマグダラのマリアとやはり無原罪のお宿りが好きでしたね。あとキリスト降誕。

悔悛するマグダラのマリアはなんだか可愛いし香油壷があるー!と思ってテンションが上がっていました笑

香油壷は罪、髑髏は死を表しているそう。キリストの死後隠遁生活を送りつつそれらに想いを馳せるマグダラのマリアはなんだか官能的でかつ神秘的で美しいなあ。と思いました。他の絵と比べて全体的に鮮やかだし。

無原罪のお宿りはそりゃあポスターにもなっているし誰でもあれは息を飲んで見てしまうと思います。圧巻でした。たしかにあれを死ぬ直前に見れたらもう天国でもなんでも行けそうです。なあネロ!いやパトラッシュ!君達が見ようとしたのはルーベンスだっけ?フランドル地方もスペイン統治を受けていたことあるしもしかしたらエルグレコと少しは通じているのかもね(・・)ていうか同時期の人達だよねこれ。懐かしいわぁあ。バロック美術だあ。世界史やり直そう習慣だなあこれは・・・。

とりあえず私はエルグレコで一番見たかったオルガス伯の埋葬を見ることができなかったのでそれはいずれスペインで見てやろうと思います。今は治安危ないかな?ドコドコww治安気にしてたらどこもいけなくなるのだろうか・・・・とりあえずフィリピンに行くのでフェリペ2世に想いを馳せつつのんびり英語スパルタされてきます。。