読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

the garden of entropy

芸術カルチャーらへんが好きなKO学生が書く粗雑な感想たち。基本思いつきなので途中で投げ出したりするけど許してネ。

Andy Worhol展(ラファエル前派も)

所謂 森美はしごしてきました。

なんかアンディ・ウォーホルの先行イメージがあまり良くなくて、アメアパ系女子とか浅いくそ男とかが「アンディウォーホルいいよね~(ドヤ)」と言って酔いしれているイメージがあった。そんな感じの人々は若干イラッとするとも思っていて。。だから自分の中であまり大声で好きと言えないアーティストという位置づけにしていた。

まあアメリカンポップアートなんて消費を目的としたアートだし、アートを見る!というよりは可愛い雑貨を見に行くつもりで行ったけれど、思ったよりもアンディウォーホルの哲学というのが私的にぐっときた。

アンディウォーホルって本当に「アメリカらしさ」みたいなものを体現?している。大量消費、アメリカ賛美、大衆、、、すべてのシンボルを持っていた。

ハインツ、キャンベル、ハリウッドスター、レーガン大統領。去年とったアメリカ論でこのすべてはアメリカの大量消費社会と大衆向け文化の象徴とやったのを思い出して繋がった気がした。

ファクトリーと呼ばれるアトリエ的な場所で芸術作品を大量生産するというのはその時代では革新的なことだったのかな。大量生産が不可能に近い西洋絵画がメインストリームだったころと比べたら本当にそのアメリカ的な考え方って衝撃だったんじゃないかと思うんだけれど・・・。

アンディウォーホルは「アートが選ばれた少数のためにあるべきだとは思わない、アメリカの一般大衆のためさ」とか「表面がすべて、裏はなにもない」だとか「記者が求める通りに僕は答えるよ」と言い残したらしい。

それは少しidol的というか、大衆に求められた通りの自分を演じ続けるという意思表示なんじゃないかな~と私は感じた。大衆っていうとても身勝手で残酷で流されやすい最低最悪な集団(だと私は思っている笑)に消費されるというのは血の通った人間には到底不可能だ。だってとりあえず人間は消費物ではないし。しかしアンディウォーホルは「人間はすべて機械であるべきなのさ」と言っている。それって、時代に合わせて人間も消費されるようになるべきだという彼なりの哲学があるのだろう。

アメリカンポップアートってまあ”アメリカン”がついているだけあって資本主義の権化みたいなアートなのかもな~~けど、持ち物として「消費」しやすいので私は普通にすきです。

けどアートは大衆向けであるべきなのか選ばれた少数にあるべきなのか。大衆向けはアートじゃないのかっていう論争は割とあるようなないような。まあどちらにしろアートがアクセサリー化するのはよくないのかね。いや、結論別にそれぞれの楽しみ方があるんちゃうとか思うけど・・笑 

ラファエル前派はふつうに綺麗でした~終わり~

いや、あの写実的だけれども神話モチーフなのすごく好きです。ただその一言に尽きます。

いつかの世界史本で読んだアーサー王の7人の予言?みたいなシーンの絵がすごくすごく綺麗で絵柄的にラファエル前派っぽかったんだけど未だに見つからないのが心残りだなあ。

小沢健二が出たいいともを見た

あ~久々すぎる。

色々めんどくさいことが起きて、いろいろめんどくさいことをして、気分は下がっていたけどなんだかんだでそれを上回るくらい楽しいこともあったので持ち直しました。

また英訳したいな~ムーンリバーとかでやっちゃうかあ

そんなこんなで今日、2014年3月20日、憧れのあの人は16年ぶりにメディアに出るらしい。

短絡的な私はとりあえず わ~いと思いつつ録画予約を入れ、怠惰な生活の昼に8チャンネルを点ける。

16年ぶり、じゃあ私が4歳だったころが最後のメディア露出なんだ。

まあFNSだとかポンキッキとか、おざけんはフジTVと癒着しているイメージもあったし、タモリさんと通じ合ってる(何だろうそれ)イメージもあったのでいいとも出演っていうのはしっくり来た。

FNSでキョンキョンとコラボしたおざけんが歌っている最中にキョンキョンの手をがっしりとつかんでいて、キョンキョンが苦笑いしていたあの映像をよく覚えている。ほんとふぁっきんチャラ王子だぜ。

どきどきしながら鶴瓶師匠の体を張った芸を見過ごしていると、あの見慣れたセットに映像が変わる。そして見慣れたあのブラス音楽、そしてタモリさんがその名前を呼んだ瞬間、ふらりという擬音がぴったりな様子で彼は現れた。

私は所謂情弱なわけで、ライブも展覧会も行けてない。ていうか、ふら~っと中学二年のころにyoutubeで見つけたFlipper's guitarに惹かれてそのついでにおざけんをみつけて、TSUTAYAで漁った程度のファンだ。当時、母親に「おざけんとかナヨナヨしてるじゃない、趣味悪いわよ」と言われたのを覚えている。なんというか、私は本当に流れというものに疎くて小沢健二がこんなにメインストリームの人間だということも知らなかった。大学のサークルに入って初めてこの人ってこんな人気だったんだ。ということに気が付いた程だ。いやほんと知ってたら一年最初の曲だしおざけんにしたのになあ、もう遅いんだけど。って関係ねえこの話。

あの見慣れた顔には時の流れを感じさせる程にしわが刻まれている。相変わらずのボーダー。90年代女子はこのひょろっとした体とボーダーシャツに熱狂したんだろうなあ。彼は前よりも少し覇気が無くなったように感じた、声?なんだろう。

今までなにをしていたか、音楽、子供について。そんな話(既出の話多かったネ)をつらつらとして突然の弾き語り。強い気持ち・強い愛から始まってさよならなんて云えないよとかドアをノックするのは誰だ?とかアコギで弾き語って、そしてまさかの総理に次の電話を繋ぎ終わった。

結論はもう、羨望しかない。

こういう人生を送りたい。

そのために何をすればいいのだろうか。

けど模倣に過ぎない人生なんて絶対に嫌だ。色々なものの模倣を組み合わせて新しいもの作りたい。

ただそのためには努力が必要不可欠なんだろうなあ。

がんばろ!

おざけんをみてそんなことを思ったのでした。

Hand in glove/the smiths

割と忙しくてやるやる詐欺と化してたが、やっとできた!

簡単な英語で訳しやすかった()

まあ、敢えてのデビューシングルのhand in gloveを選びました。

最近アルバムツアー中のマーさんのインタビュー(なんかおかしい)曰く「俺とモリッシーの関係から生まれた歌なんだぜ!」とのことですが・・・

HOMO? いやbromanceか・・・はい・・・

けどやっぱりこのぼんやりとした暗さは癖になる

モリッシーの世界観を世に知らしめた作品って感じなのかな?

いいよなあ

関係ないけど自伝読みづらいよおじいちゃん

Hand in glove

さあ共に行こう

The sun shines out of our behinds

太陽は僕たちを後ろから照らしてる。

No, it's not like any other love

そう、これは陳腐な愛なんかじゃない

This one is different because it's us

だって、僕たちの愛なんだもの。

Hand in glove

僕と君は同じ罪を共有した者同士

We can go wherever we please

どこへでも行ける。

And everything depends upon

How near you stand to me

そして全ては君が僕のそばにいるかどうかで決まるのさ。

And if the people stare

Then the people stare

Oh, I really don't know

And I really don't care

どんなに人々が好奇の目を向けようが、

僕は知らないし、気にしない。

Kiss my shades

僕の影に口づけをして

Hand in glove

相棒よ

The good people laugh

お偉い方々は笑う

Yes, we may be hidden by rags

ああ、僕たちはぼれきれで隠されるかもしれない

But we've something they'll never have

けどあいつらが一生かけても手に入れられないものを僕たちは持ってる。

Hand in glove

相棒よ

The sun shines out of our behinds

太陽は僕たちを後ろから照らしてる

Yes, we may be hidden by rags

ああ、僕たちはぼろきれで隠されるのかもね

But we've something they'll never have

けど、かけがえのないものを持ってる。

And if the people stare

Then the people stare

Oh, I really don't know

And I really don't care

どんなに好奇の目に晒されたって

僕は知らないし、気にもしない。

Kiss my shades

僕の影に口付けを落として。

So, hand in glove I stake my claim

そう、愛しい人よ。僕は声を高らかにして言おう

I'll fight to the last breath

命尽きるまで戦い続けると、

If they dare touch a hair on your head

もしあいつらが君の髪を触るような真似をしたら

I'll fight to the last breath

僕は命尽きるまで戦おう

For the good life is out there somewhere

目指されるべき人生はここではないどこかにあるんだ

So stay on my arm, you little charmer

だから僕の腕のなかでじっとしていて、愛しい人よ

But I know my luck too well

けど僕がどれだけ幸運かってことはわかってるよ

Yes, I know my luck too well

わかりすぎてるくらいさ

And I'll probably never see you again

多分、君を見ることはもうないのだろうね、

I'll probably never see you again

多分、もう二度と・・・

I'll probably never see you again

Hand in gloveの部分はそのままHand in gloveでいいんじゃないかなと思ってけれど一応日本語でかいときました。

グローブの中でぴったりと合った手を表していて、共謀者とか親しい仲を表すそうです(多分、基本的に同性間)

共謀者っていいね

一見合わなそうな二人なのに、ここまでの関係になるのって、やっぱり人の組み合わせって無限大なのだなあ

しかし、ピートはこの曲にあるモリッシーとマーみたいな関係になりたかったのかな。

まあ、なれてると思うよ!!!

偶像崇拝という救い

歌詞和訳したいのにー

近いうちにしよう。

敢えてスミスに挑戦してみようかと

なんだか、最近新学期のせいかこう、自分を省みる?っていうのかな、そんなことが多くなって

自分の社会不適合性に日々驚いていたりする。

いや~ほんとモリッシーとかロックスターみたく生きたくなっちゃうけどそれは才能に自信がある人々だからできたことでwwwwwわたしはwwwwwなんなのとwwwww

まあとりあえず本読んで美を愛でよう

楽しいことをやってればいつかやる気もでるだろう

モリッシーになりたいって80年代のUKの人々みんな思ってたんだろな~

私もそんな一人だ

てか今の日本って80年代のUKと変わらんと思うのよ、だからあの時のスミスみたいなバンドが絶対流行ってるはず!あんまり聞いたことないんだけどクリープハイプとかandymoriとかそれに値するのかな?どうなのかな?歌詞が少し暗めで曲がってるイメージがあるんだけど。そこらへんの邦楽サブカルバンドも聞いてみたいな。

世界史の先生が「何か災害があった年は宗教が流行るんです。人は拠り所が無いと生きていけないから。震災後の今の書店を見ましたか?今からでもわかる仏教とか、般若心経とかそんなのばかりですよ」と言っていたのを覚えている。

それはすごくわかるんだよなあ。私も人の嫌なところみちゃったり、嫌なニュースとか見てしまった後はすごく嫌になって漫画とか本にのめりこむ節がある。けどそれは人間みんな一緒だ。

そののめり込む対象がイエスであったり、ブッダ、アッラー、はたまたジャニーズやらバンドだったりするのだ。

それをひっくるめて「偶像」と表現したら多少ぶっ殺されるかもしれないので明言は避けておこうw

ただ、何かしらの「拠り所」としてそれは存在しているのだとおもう。

だってそれはいつだって正しい。自分にとっての絶対的なものだから。救いなのだ。

なんてかっこよく言ってるけどつまりあれだよ、人間の愚かさとか小ささを思い知って絶望してもその対象はなにも変わらないから寄りかかれるんだよ!移ろいやすい人の気持ちとかなんかとくらべものにならないくらい安定してる。だって「偶像」だもん。

アイドルって名前つけた人すごいよなあ~ 真理だよ。

私は彼らというよりも彼らの美しさがすきです。だってその瞬間のそれは一生消えない!たったの一瞬だけだとしてもそこに、記憶の中に、一生残り続ける。

けどぶっちゃけそのために使い捨てみたいな節はあるんだろうな、ほんと大変なお仕事ですよね。

ってことを言いたかっただけなんだけど、文章力がなーいっ

どうやったらつくのだ、文章力

Musical Of The Prince Of Tennis

青春商法とはなんたるかについて考えてみたりします。

まだ私も人によっては青春と呼ばれる時期にあると思うのでまだわかったような口を利く立場ではないのかもしれないけれど。

実はテニミュを観劇してきました。

ぶっちゃけ見る前は顔の良い男の子たちのバイトみたいなもんなのかなと少し見下していた部分がありましたが。

期待を大幅に上回るクオリティの高さにびっくりしました。

歌うまい!ダンス激しい!そして美青年、美少年!

古代ギリシアの学者ばりに美を愛でてしまった(高尚な表現www)

イケメンとハイタッチするという謎のイベントも発生して充分に美パワー(?)を受け取りました。

まあこのミュージカルの代名詞は「青春体感型ミュージカル」ということで。

演じるものが中学生(ちょっと違和感あるけど)という青春ど真ん中だからこういう題名がつけられたんだと思いますが。それと同時に俳優さんたちのテニミュを通した青春にもフォーカスを当てているのかな~と。

結構昔から某動画サイト等でバックステージの映像?は見ていたのですが、その千穐楽とかの映像がすごくぐっとくるんですよね。俳優さんの微妙な一言だったり色々なものがこう、青春!って感じなんですよ。

AKBのドキュメンタリー映画で「10年後、少女たちは今の自分をどう思うのだろうか?」っていうのがあったと思うんですが、この題名ってすごく青春の刹那性?過ぎ去る感じを内包してていいな~って思ったんですよ。

このテニミュも基本的にメンバー入れ替え制で、そのときのメンバーと共にやるのってまあ1、2年間くらいが相場なのかな?卒業っていう名目で旅立つわけですが。なんというか、やっぱその刹那性にぐっとくるんですよ!

人間ってやっぱ無くなりそうなものとか既に無いものを欲しがる傾向ってあるとおもうんだよなあ~

なんだかんだで死に近い人のが美しくみえるとかありません?

多分AKBであれ、テニミュであれ少し作為的にその刹那性や青春らしさを演出しているところはあるとおもうんだけれども、それでもぐっとくる。 かけがえのない一瞬を美しいものが過ごしてるのってすばらしいと思うん!!

美しいものは鑑賞だけしておきたいな~というのが私の本音なので、作為的に作ったものを見せて頂ければ充分だと思っている。

人間やっぱり色々な面があるし、その”美しい”という好意的な偏見が当人への足枷とか障害になることもあると思うので、現実にはあまり押し付けたくない。

だからゴシップ雑誌とかいらないと思うんすよ、見ててたのしいけどさあ。現実は好きにさせてあげてくれよおおって。

IDOL=偶像 が好きなのです。

サン・ピエトロ大聖堂ピエタをぼんやりと崇拝するキリスト教徒の気持ちと一緒だと私は勝手におもっているよ。人間一つだけ、唯一理想通りであり続ける偶像という拠り所を必要としているんじゃなかろうか。

ヴェニスに死す

前々から気になっていたけれど、ドイツ語の先生におすすめされて遂に読んだこの本。

読み終わった後の困惑と興奮が忘れられない。

これこそ耽美!穏やかじゃねえ!!@トータルテンボス

トーマス・マンと実吉さんの訳が合わさってこの境地に達したんだろうな、と思うわけです。

タッジオについての描写がほんとうに緻密で、神話の比喩を介してタッジオという少年が崇高なものへと高められていた。。。

やはりこの作品の核って”美”なんだよね、

美に惑わされたアッシェンバッハの破滅の物語なわけで。

美の哲学についての授業で学んだことや、前々から考えていたことがこの中にあった。

やっぱり肉欲とかすべてのものをそぎ落とした純粋な愛という感情がどこに芽生えやすいかといったらそれは同性間なのだと。(別に異性間に生まれないというわけではないけれど)

女女、男男。精神的な愛?

しかし、相手の美を愛するって、それって相手のことを本当に好きだということなのだろうか。

まあ、好きではあるんだろうけど。それは純粋な愛ではあるんだろうけども。

難しいものだね。

そして私の謎の性癖が生まれたのをここに告白すると、ショタコンのおじいちゃん萌え。という。。。

ショタコンではないのです、ショタコンのおじいちゃんに萌えるのです。

なんだこれ。

しかし、この原題、Der Tod in Venedigなわけで。まあ大体想像つくだろうけど直訳は”ヴェニスにおける死”ですよ。ゲーテの詩でも死と少女、Der Tod und Maidenみたいなやつあったと思うんだけど。まあそのゲーテ詩が直訳なのに対して、この実吉さんは「ヴェニスに死す」というね、めちゃめちゃカッコいい訳してるのに感動します。この小説の雰囲気をすべてこの題に集約できてる。なんだろう、死すって本当「ヤムチャ、死す」みたいな感じですごく大きな死とかを表現するときに使うことが多いようなイメージがある言葉。まあとりあえずすごくかっこよくてしびれます。ボキャ貧なんでもうとりあえずかっけーって言っときます。

ヴェニスに死す (岩波文庫)ヴェニスに死す (岩波文庫)
(2000/05/16)
トオマス マン

商品詳細を見る

モリッシー

今、すごい一度は皆が通る道と名高いthe smiths聞いちゃってるよ・・・。

なんかメロディは浅葱色とか、白群(ぐぐって調べた)みたいな爽やかなイメージが主なんだけど、少しだけ暗さがあるのと、歌詞がふわ~っと絶望してるのが不思議なくらいに共存している。てか、ふわ~っとじゃない?すごい絶望してる?そういえば500日のサマーでキーだったのは覚えてるけど、サマーちゃんと主人公何歌ってたっけ。Let me~だっけ?

個人的にモリッシーという人が興味深すぎて最近調べまくっている。

モリッシーってほんと一般に言われている通り凄いと思う。

ぐぐってみた感想はなんだかすごく耽美主義とかロマンチストを地で行っている人だなって。

他人に流されること無く、自分の理想を突き詰めている

それが許容されているのが凄いところなんだろうな

だって普通の奴が自分の理想突き詰めてたって、「我通しすぎうざい」って思われるのがオチ。

才能ってすごいんだね

あとプラトニックラブ、も地で行っている。

やっぱりこの人にいつまでも付きまとうのはジョニー・マーとのお話だと思うのだけど。

とりあえず”モリッシーとマー”といえばもはや固有名詞化してるよね!?だってピート先輩も「オレは初めてカールを見たときにピンときたんだ、俺たちはモリッシーとマーみたいな関係になるんだって」とか言ってますし。

しかし私この”モリッシーとマー”ってどういう意味で使われているのかいまいち自信がなくて、”完全分業ニコイチ(笑)”ってことだよね?”最終的に一緒にいれなくなる二人”ってことか?とも考えたんだけど・・・前者だよねえ?いや普通に考えてそうだよね。

まあお二人は雑誌でよく「同性愛ってたんすか!?どうなんすか!?」と質問されては「ちげーよ!!」とお答えあそばせてたようで。というかあっちの音楽雑誌ってぶっこむんだなあ。。。そういうプライベートなことにも。

けど確かに歌詞とか画像見てるとなんかそう勘ぐりたくなる気持ちもわからないでもない。

多分スミスの最盛期くらいのころ、モリッシーは垢抜けてイケメンになってるしジョニー・マーがまたいい感じに線が細くて目くりくりしてて可愛い。しかもちょくちょく抱きついてたりする画像が出てきてしまうのがまた・・・。おう・・・って。なんか確かに抱きしめあってる画像を見たあとに曲の歌詞を見ていると「おお?!このくねくねしたおっさん美少年囲い込んでね!??!囲い込んじゃってるよねこれ!?」と思う。

まあもちろんマーさんは既に奥さん?いますしこの二人に肉体関係が!?とか言うのは本当ナンセンスだと思うんですが、けどそこにプラトニックな何かはあったんじゃないかな~とは思ったり。

かの有名な美学概論で教わった話だと、現代では精神的な愛を指すものとして「プラトニックラブ」という言葉が使われているが、それは原義的には間違いなんだと。元々古代ギリシアで慣習化されていた成人男性が少年(under 20くらい)を寝るときに横に置くこと(うぃずあうとせっくす)をプラトンはその少年自身の美だけを享受している営みだと考えてそれを理想としたんだっけな?ちょっとうろ覚え。まあ愛でるんすよ、少年が持っている美のイデアやらなんやらを(適当・・・)とりあえず性欲が目的ではない、ってこと。その意味で現代の意味に転用されたんだと思います。

なんか、モリッシーさんそういうの好きそうだからその原義の意味でマーさんにプラトニックラブ抱いていたんじゃないかな~って。

だってモリッシーさん、ノーセックス、ノーミート、ノードラッグの人なんだよね。ノーセックスとかほんとかよって思っちゃうけど・・・けど・・・ぐぐった記事で多分ロスかな?に住んでいるとき「ロスはいいよ!セクシュアルな雰囲気がまったくなくてクリーンなんだ」という発言を見てまじか~~と思った。

モリッシーさんって同性愛者だといわれることが多いけど、確かに耽美主義とかの人って同性愛者が多い。特に男の人。

確かにその考え方はわかる気がする。異性間だとすぐに性欲とかそういったものに繋がってしまうからどちらかというと身体的な欲とかが先行しやすいけど、同性間だとそういったことがやりにくい、というか難しいから精神的なものを築きやすいんじゃないか。って考えはすごいわかる。だから美しいものを突き詰めたら同性愛に到達するのかもしれない。本屋さんで耽美主義とかいうてBL置いてますもんネ。耽美主義もくそもないようなすさまじい表紙と帯だったりしますけど・・・。

ま、モリッシーさん絶対にマーさんに好意は抱いているじゃないですか!だって自分の陰鬱な世界を変えてくれた人ですよ!モリッシーという存在をこの世に生んでくれた人(自分談)ですよ!大好きでしょこれ!けどそれは本当に、セクシュアルな感情を削ぎ落としたものだったんだろうなと。ただ、ただマーという人が好きだった、そのときは。けど友情ではない、みたいな。マーさんは写真を見る限り父にじゃれる子どもみたいである。ヤンチャだったみたいだし実際子どもだったんだろうね~ガキや~

てかモリッシーぱいせんの自伝結構ナウでほっとな話題やないですか!!早く出版社見つけて出版して~買う~

長々と書いてしまった。スミスは日本語訳しつくされていてやる気にならなかったので訳していないです。。

しかしThere is a light that never goes outは名曲ですなあ。聞くたびに涙腺に来ます。ダブルデッカーに弾かれて死んでも、君の隣なら本望さ。って・・・ロマンチックすぎて本当もう。